Pebble Ceramic Design Studioのアートな陶磁器


日本でも有数の焼き物の町、九州、長崎県波佐見町。

そこで作家、石原亮太氏によって生み出される陶磁器ブランド、『Pebble Ceramic Design Studio』。"美味しいものをより美味しく食べるための器"をコンセプトに機能性とデザインにこだわった器を制作しています。
 

〜フラワーシリーズ〜
伝統ある波佐見焼の日常使いにふさわしい丈夫さと、遊び心あふれるデザインのプロダクト、フラワーシリーズ。フラワーの部分は彫った部分にベンガラと言われる鉄絵の具を使って描いています。
模様はマットな質感で、それ以外のところは釉薬が施され、つるりとしています。

 

 

 

IMG_6420
お菓子の受け皿としても、手頃な大きさで使いやすいです

 

pcds-nf--2
深さがあるので、使いやすいのもポイント

 


伝統と革新が織りなすステキな器たちと暮らしませんか?

きっと毎日のお料理が楽しくなりますよ。


〜シェルベース〜
海に遊びに行った時に綺麗な貝殻を拾って帰る。そして大事な宝物のように棚に飾る。
家にいつも花がある訳じゃないから
でもそんな時でも部屋のインテリアとして使える、そんな一輪挿しシリーズです。

 

pcds-sbhs
水を入れて、一輪挿しとして


IMG_6778

いろんな種類を何個か並べても素敵です。

 


〜ランチプレート〜

 

pcds-lpbl
一番人気!愛嬌のある鳥が描かれた、仕切りつきのランチプレート

 

〜フィッシュプレート ロング〜

pcds-fpl

お魚が食卓の上を泳いでいるような小鉢たち

〜フィッシュプレート〜

pcds-fp--8
どれも箱付きで、ギフトにもオススメです。

ご購入はこちらから