箱に入った帽子 mature ha. マチュアーハ BOXED HAT ボックスドハット

 

 

オンラインショップはこちら


神戸の帽子ブランド『mature ha.』
「帽子をあたりまえにかぶる生活を知ってほしい、楽しんでほしい」という思いから生まれました。

その『mature ha.』の箱に入ったシャツのように収納できるペーパーハット ”BOXED HAT”ボックスドハット。

箱に入った状態で収納できます サイズ展開(56~60cm)も

 

箱の形に型が入っているので、押しつぶしたような形状ですが、クシャっとしたシワ感がいい具合にこなれ感を演出してくれます。柔らかいペーパー素材なので、どんな形にも変えることができ、いろんな表情を楽しむことができます。

シンプルなので、合わせやすいのも人気のヒミツです。
折りたたんでバックに入れることができますし、とにかく軽いので荷物にならないのが嬉しいですね。これからの季節、ちょっとしたお出かけはもちろん、旅行やリゾートで大活躍してくれます。



STORY : BOXED HAT

古代より港町としての役割を担ってきた神戸。
趣のある古いビルが建ち並ぶ海岸通りに、明治44年権立、築100年を過ぎる貿易商のビルがある。「海岸ビルヂング」と名付けられたその歴史を感じる石造りの建物の中で、マチュアーはの帽子は丁寧に仕上げられている。
なかでも今やブランドの象徴的存在とも言える「BOXED HAT:ボックスド・ハット」帽子の概念を覆した「5cmの厚の薄い箱の中に畳み込まれ、四角く収納された帽子」の誕生には、ひとつの物語があった。

mature ha.お取り扱い以前から作家仲間としてお付き合いのあるデザイナーのユキさん


帽子のセレクトショップとして営業していた当時、ショップに来客する顧客に「かさばる帽子を収納するにはどうすれば良いか?」と質問を受けることが数多くあり、また店舗の限られ得たスペースに在庫を保管する際、何かいい方法はないものか?と常に頭を悩ませていた。そんな時、シャツが箱の中にたたまれて綺麗に収まり、その箱がすっきりと積み上げられている姿を見て、アイデアのきっかけが生まれる。

そしてただ箱に入れただけではなく、帽子が自然なカタチでたたまれ、使用後には再び箱に戻せるように、型付けを何度も試行錯誤しながら現在のようなカタチに。今も日々、手作業でひとつひとつ型付けの作業が施されている。

ひとつひとつ丁寧に箱の形に型付けされていきます。


マチュアーハのブランドコンセプトは、「帽子を当たり前にかぶる生活を楽しんでほしい」ということ。靴や鞄のように、外に外出する時にいつも身につけてほしい。旅に出る時には、スペースを気にせず持ち運んでもらえる帽子を。

そんな願いを込められた「ボックスド・ハット」は木材パルプを原料としたペーパーブレードを使用し、軽くて型崩れしにくく、持ち運びに優れた帽子となった


 mature ha BOXED HAT 101 11cm brim grosgrain ribbon

BOXED HATの中でもブリム(つば)が1番長いのが、101シリーズです。
つばが大きい分、日よけ効果はもちろん、形の変化が大きく、いろんなアレンジが楽しめます。


mature ha BOXED HAT 101SW 11cm brim 

 

シンプルなライン入り。リボンよりも大人っぽい雰囲気でお使いいただけます。

 



一生付き合いたいと思わせる素敵な帽子。プレゼントにもきっと喜ばれますよ。

IMG_5030

ご購入はこちらから

 


 

ふわふわが癖になる
mature ha.秋冬アイテムはこちらから