生命力あふれる、塊根植物(コーデックス)の魅力!

 

塊根(かいこん)植物。

それは、干ばつなどで雨が降らない過酷な環境でも生き抜けるように、根や幹が太く進化した植物のことです。

太くなった根や幹の部分には、水が貯められるようになっています。
なので雨が降らない環境でもタフに生き抜けるというわけ。

 

太く肥大した根や幹は、見れば見るほど奇妙でおもしろい。
同じ種類でも個体によってさまざまなフォルムがあり、お気に入りを見つけるのも楽しいです。

秋から春先にかけては気温が下がり、休眠期に入ります。
葉は落ちますが、水やりを減らしたり断水したりしながら春が来るのを待ちます。

寒さには弱いので、冬の間は日の当たる暖かい場所に置いてあげて下さい。
しっかりと日に当てることで丈夫な株に成長します。


成長はゆっくりなので、同じ樹形を長く楽しめるのも魅力のひとつ。
だからこそ、ちょっした成長の変化に心が躍ります。


代表的な品種、アデニウム。
別名”砂漠のバラ”とも呼ばれ美しい色鮮やかな花が咲きます。とても力強いフォルムで人気です。

 

不思議な魅力のある塊根植物と暮らしませんか?

ご購入はこちらから