ワークブーツのパイオニア『Blundstone』ブランドストーン

 

オーストラリア、タスマニア島で誕生したサイドゴアブーツの代名詞、Blundstone(ブランドストーン)。

イギリスで靴づくりを学んだジョン・ブランドストーンがオーストラリアに渡り、1880年代に始めた小さな工場がBlundstone(ブランドストーン)のはじまりです。

今では、100年以上続く老舗ブランドとして、オーストラリアを始め、世界中にたくさんの愛用者がいます。

IMG_8838
そんなワークブーツの1番の特徴はインジェクション・モールディングとよばれる製法にあります。

底材にポリウレタンを使用し、金型の中で発砲させながら底を形成し、同時にアッパーと底を接着する製法で、接着性がよく耐久性と耐水性に優れた靴ができるのです。

IMG_8876

その為、雨にも雪にも強く、長い歴史の中、たくさんの労働者の足もとを支えてきました。

IMG_1619この格好良さ、使い込むほどに味わい深いレザーへと変化する経緯を楽しむ。男性人気は納得です。

IMG_1620
中でも新しく誕生した558は定番の500に改良を加えグレードアップし、更にタフな存在へと進化しました。

IMG_8881
そんなワークブーツがここ最近、新たなレインシューズの定番として、女性の間でも人気を集めています。
ブーツなのに軽く、履き心地がよく、晴れの日はもちろん、撥水作用もあり雨や雪、アウトドア、庭仕事とどんなシーンでも頼れる存在です。
ごつい印象になりがちなサイドゴアブーツですが、丸みのあるアッパーのフォルムで、ナチュラルなファッションにも相性よくはまってくれます。女性がワンピースとサラッと合わせるのもおすすめ。
一度手にすると、その良さが存分にわかるはずです。

ユニセックスですのでパートナーとお揃いも素敵です。

ご購入はこちらから